--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

11/02  聞き流すだけの英会話 【スピードラーニング】 

英語が話せる人と話せない人。

言葉にすると、たったこれだけの違いですが、社交範囲や世界観の広さは雲泥の差です。

私は、海外での買い物に苦労しない程度の、わずかな英会話や意思疎通ならできますが、会話を楽しんだり、深いコミュニケーションができるほどの英会話はできませんから、もっと英語力を上達させたいです?。

その一番の理由は!?




インターネットでホームページを作ったり、こうしてブログを書いている言葉が、もしも日本語でなく英語だったなら、今より幅広く読んでもらえるし、気の合う仲間も広がるでしょうし、意識する読者の対象も広がりますから!

英語での意思疎通がうまくいかなかったせいで、海外で失敗したことや、痛い経験をしたことも多々です!汗;
そのために何冊か英会話の本も買いましたが、本を読んだからといって話せるようになるわけではないんですよねー。

まず素朴な疑問から!
私たち日本人は、日本語の文法について意識的に勉強したことはありませんよね?

外国人に、「なぜ、"私山田太郎です" ではなく "私山田太郎です" なのですか?」
と問われても、日本語の先生でない一般の私たちは、「私山田太郎です」は日本語として間違っている…としか答えようがありません。
それでも日本語の会話は話せますよね!
英語をはじめ他の外国語の学習でも同じことが言えます。

単語や文法を学習することが、英語を学ぶ第一歩ではないわけです。

聞き流すだけの英会話【スピードラーニング】の学習法は、日常のネイティブな英会話を聞き流すことで、自然に英会話を身に付ける学習法を採用しています。

スピードラーニングの英語の教材を実際に聞いてみた感想ですが、本当にただ聞き流すだけ!
BGMにはリラクゼーションを促す静かな音楽が流れていて、勉強という感覚は一切ありません。
これなら、机に向かう必要もなく、車の運転中や、通勤電車の中、毎日の食事の支度の間に、音楽を流しているような気軽な感覚で続けることができると思います。

開発者の大谷豊氏が、数々の試行錯誤の末に辿り着いた答えは、「今までの英語習得法を忘れること」、このポリシーが当教材の原点ですので、今から英会話を学ぼうと考えている方はもちろんですが、私はこの教材を、言葉の吸収力が早い、お子様向けに、特にオススメしたいと思います。

最初は会話が速く感じてヒアリングが追いつかなかったとしても、その英会話を聞いた後、すぐに日本語訳が続きますから、意味が分からないまま過ぎていくのではなく、イメージとして英会話を吸収できるように考案されています。

赤ちゃんや幼児が、自然に言葉を覚えていくのは、勉強しなきゃ!っていう意識がないからで、ただ、純粋に、親に強い関心を向けて、親が発する言葉を、"頭"ではなく"心"で感じているからですよね。
肝心なのは、義務感や緊張感を持たずに、相手(他国語)に対して関心を持つこと。

スピードラーニング教材
スピードラーニング教材は、義務教育の英語のように「勉強しなきゃ!」っていう発想ではなく、リラックスしながら、徒労を避けて、効率よく英語を身につける学習法です。

知らない言語を覚えるためのポイント。

?赤ちゃんが言葉を覚えるメカニズム。
?他国語に関心を持ち、楽しむ発想。
?リラックス。
?義務教育的な外国語教育法からの脱却。
?無駄な努力は避ける。

当教材は、この5つに主眼を置いており、忙しく時間の少ない方にも、オススメです。

これからの時代というに及ばず、もうすでに、英会話の能力が必須な時代になっています。
私は自分の子供には、なにがなんでも、最低限、英語は話せるように育てていくつもりです!ニコニコ。 正面

英語学習は「聞く→話す」が主流。小・中学生の聞き流す英会話教材はコチラ


『スピードラーニング』の教材は、発売開始から18年の歴史があり、85万人以上が受講したロングセラーの実績がありますので、ぜひ、教材のサイトをご覧になってください。
無料で10日間のお試し体験ができますので、まずは無料の試聴用CDでお試しになり、万が一お気に召さない場合は、返品可能という点も良心的だと思います。




スポンサーサイト


[ 2007/11/02 20:09 ] 夢心地スタディ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア

リンク
フリーエリア
プロフィール

ЯёΜΦれむ

Author:ЯёΜΦれむ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。